このサイトでは,「フィドル」という単語がときどき出てきますが,フィドルって何? バイオリンとフィドルって何が違うの? 

...という疑問に,簡単に回答しましょう.とりあえず,次のようなシーンを思い浮かべてください.

  

燕尾をピシッと身に付けたソリストが,ステージ中央でオーケストラをバックに熱演している.あるいは,サロンでドレスの美女が,ピアノの伴奏で優雅に小品を披露している.

こんな雰囲気で奏者が弾いているのは,「バイオリン」でしょう.

一方......

ヨーロッパのどこかの村のお祭りで,民族衣装に身を包んだ人々が,村一番の楽団が奏でる陽気な音楽に合わせて踊っている.あるいは,アメリカの田舎の運動会で,バンジョーやウッドベースと一緒に軽快なメロディが子供達の競争を盛り上げている.

 

こういうのは,「フィドル」の演奏シーンですね.「ノン・クラシックに特化」を掲げている当サイトとしては,主に後者に注目することになるわけです.

一般的に,クラシック音楽で使われる「バイオリン(violin)」に対して,民衆(ポピュラー)音楽で使う楽器を「フィドル (fiddle)」と呼びます.楽器としてのハードウェアは全く同じです.いや,厳密には「フィドル」という民族楽器がどこかにあったのかもしれませんが,現在では,フィドルとバイオリンは,楽器としてのハードを呼び分けているのではなく,演奏の背景にある文化的なところ,いわば,OSの違いを区別しています.

クラシック・バイオリンに対して,アイリッシュ・フィドル,ブルーグラス・フィドル,スカンジナビアン・フィドル......というように,クラシックとノン・クラシックで,楽器の呼び名が分かれているかといえば,そうでもありません.ジャズ・フィドルとかロック・フィドルっていう言い方よりは,ジャズ・バイオリン,ロック・バイオリンの方が一般的です.

ま,土着の民衆音楽には「フィドル」,都市部で発達したおしゃれな音楽には「バイオリン」が相応しいというところでしょうか.ちなみに,私は,「フィドルってバイオリンとは違うの?」と,質問をされて面倒くさいときは,「トランペットをラッパっていうようなニュアンスだよん」ってな具合に説明します.これはどの程度正確な答えか謎なんですけどね.