さて,この記事は,「箱根フェス2013参加告知」のフォローです.フェスってのがあるんだよ,という紹介が趣旨です.へぇー,こういうお祭りもあるのね,と思っていただければ幸い.

***

2013年8月23-25にかけて行われた箱根ブルーグラスフェスティバルに,参加してきました.先ほど帰宅したところです.寝不足状態で,楽しさの余韻に浸りつつ書くので,筋の通った内容にはならないでしょうが,「要するに,こいつ楽しかったんだな」と解釈してください.

さて,今回は,気の置けない友人3人と共に出陣.一人は,フレットバイオリンなるものを制作している楽器職人,二人目は,ボーカロイド曲,アニメの主題歌,地方アイドルへの楽曲提供等々で活躍中の,新進気鋭の作曲&プロデューサ,三人目は,大規模なマンドリン・オーケストラのマネジメントに辣腕を振るう,(ラウンド)マンドリン奏者.そして,私もバイオリンを積み込んで,この,かろうじて音楽だけは共通項という,ごった煮のようなメンツに加わります.

そうして参加した箱根フェスの模様を一部,動画に収めましたのでお楽しみください.

と,まぁ,これは最終日25日の早朝の様子でした.私が,人を初めてフェスに連れて行くと,なんかいつもこんな状況になります.日頃の行いが悪いせいです.君らの.

そんなこんなで,楽器職人は,テントを設営してから,フェスの終わりまで,ほぼひたすら料理をし,作曲家は,ひたすら寝ており,マンドリン奏者は,明らかな睡眠不足状態にもかかわらず,何事にも興味深々な体で,機敏に動きまわり,時折,バッテリ不足で動かなくなっていました.

とはいえ,土曜日までは,晴れ間も多くて,なかなか涼しくてよいフェスでした.今年の箱根フェスでは,「ギター,ベース,マンドリンによる強力なリズムセクションの上を,バイオリン×5が疾走する」というコンセプトの企画バンドをやりました.今回のフェスのためだけに,七人の侍よろしく声をかけて,7人の凄腕の友人たちに参加してもらいました.皆,どうもありがとう!!

フィンランドのバンド,Friggの曲,「polka V」.多分,まだ日本でコピーした人はいないと思う.

同バンドの,「JallaJalla」という曲.この曲名,「早く早く!」という意味らしいが,「何言ってんだ,お前が早く来い!」といわんばかりのスピード感あふれるパフォーマンスです(←専門用語で"走っている"とも言います).キックは,練習よりイケてないですが,「らいらばらいらいらばらいらばらばらいらばらいらいらばららばらばらいら!」のパートは,告知に掲載した練習時の演奏より上手くできました.......なんなのこの呪文?

最後の曲は,紅一点の凄腕美人フィドラーからのリクエストで,ナタリーマクマスターの「Olympic Reel」です.いろんな人が入れ替わり技を繰り出す様がオリンピックを連想させます.各々の個人技についてはここではふれませんが,リズムがころころ変わる上にフライングするやつがいたりして,明らかにギター,ベース,マンドリンのリズム隊が困惑しております!

ともあれ,このスペシャル編成バンドは,人気投票でも良い評価をいただきました.雨でしたが,総じて非常に思い出深い良いフェスでした.来年もきっと参加しますよ!