まず,サンプル音源を再掲しておきましょう.

トリプレットの弾き方(2)は,この曲の後半で出てきたフレーズに適用します.アイリッシュ等では,トリプレットの弾き方(1)より,この,下記のようなフレーズの方が頻出します.こちらがメインだと思います.

♪ターラータカタッ

の,終わりの♪タカタッがトリプレットですね.

これを聴いても分かるとおり,トリプレットの弾き方(1)とは異なり,フレーズの後半に三連符が入ります.ここは,リールのリズムの2拍目=強調拍ですので,この場合のトリプレットは,あってもなくてもよい装飾ではなく,フレーズにガッチリ組み込まれているイメージです.きっちり弾かないわけにはいかない.

前半の「♪ターラー」の部分をタメてから,鋭く切れ込むようにトリプレットを弾きます.無理やりかつ極端に表記すると,「ターラー......?......タカタッ」って感じです(←分かりにくい).そう.つまり,お馴染みのシャッフルのニュアンスです.少し貯めてから,リスナーの耳に,タップダンスのような小気味よい三連符を叩き込まねばなりません.

そこで,トリプレット部分を,ダウン・ボウイングで,重く強調するのではなく,アップ・ボウイングで鋭く軽快に表現します.

↓↓-(↑↓↑)

最初の2音を,タメのある穏やかなスラーで繋げて,相手が油断したところで,鋭いトリプレットを繰り出してビックリさせたいものです(音楽はハッタリだ by okikage).ダウンのスラー(↓↓)で,タメを作ると,弓の先の方でトリプレットをすることになるのですが,弓先でのコントロールは比較的難しい.まずは,弓の中程あたりで練習しましょう.なお,個人的には上記の弓使いがメインですが,同じフレーズでも,全く逆に(↓↑↓)これでタカタッ♪と弾き飛ばすやり方もあります.どちらも出来るのが理想です.

いずれにせよ,このフレーズでは,リズムを強調する2拍目にトリプレットが入ります.装飾的な表現のために,少々力が入ってもかまいませんが,理想の切り返しの速さや力強さは,力んだ右腕からは生まれないのが難しいところです.......といいつつも,私の場合は,上腕,とくに手首から弓を持つ指にかけてを,瞬間的に硬直させるような方法で,弓を返しています.いわば「力任せ痙攣法」です.練習するうちに,必要最小限(?)の力で,クッと弓を返せるようになってきましたが,まだまだスマートとは言いがたい.......いや,もちろん,「瞬間的に」硬直するためには,通常運行時は,脱力したリラックス状態でなければいけないわけですよ.うん.(←正当化)

事例を示すために,手持ちの動画で,これが出てくるものを探したところ,夏のフェスで弾いた,ナタリー・マクマスターのオリンピック・リールという曲のエンディングに頻出していました.最初のダウンのスラーが2音ではなく,3音だったりしますが,基本は同じです.この曲の練習時に,バンド仲間に見せるために急造した動画なので非常にラフですが,まぁ適度に参考になればいいや.

せっかくなので,オリンピック・リールも再掲しておこう.

***

2013年12月にライブを予定しています.そのライブメンバーを募集しています.ご興味のある方は是非.