タグ「弦」の一覧

さて,弦の選び方(1)(2)の話題を統合して,具体的な製品選びについて書きますよ.

弦の選び方(1)では,弦の音特性は,「柔らかい」 - 「力強い」という両極をもった軸と,それとは別に,「明るい」という一極の軸で評価できる,という結論をひねくりだしました.

弦の選び方(2)では,弦の芯材に注目して物理的な見地から音を考察しました.それによると,ガットのような軽い素材では,「柔らかい」「明るい」音が得られ,逆に,スチールのように密度が高くて重い素材では,「金属的な」音になりがちであること,それが「力強い」音の延長上にあることを考察しました.

以上を考慮すると,どうやら,弦の密度=重さと音の関係から,「柔らかい」―「力強い」という軸の妥当性がある程度,説明できそうです.それから,密度が低いほど「明るい」音で,密度が高くなるとそれが「力強い」音に変わっていき,もっと密度が高くなると,「金属的な」音になる,というような関係性もほの見えてきます.

なんだ,結局,「柔らかい」「力強い」「明るい」(ついでに「金属的な」)という形容詞は,全部,弦の密度が原因なんじゃないか.......と,弦メーカの努力を無にするような乱暴な結論を下すのは保留しますが,まぁ,まったく無関係ではない,くらいの言い方はできるでしょう.

で,関係が「ある」なら,「柔らかい」―「力強い」軸と「明るい」軸は直交せず,こんな風に斜めにクロスすることになるわけです.「柔らかい」ほど「明るい」,OK?

strings_map.jpg

さて,以上が導入で,今回はここからが本題です.シンセティック・コアのナイロン弦を中心として,上の図に具体的な製品を乗っけていきましょう.

● ドミナント(トマスティック社/Thomastik)

dominant.jpg

基準です.

何が基準かというと,もっとも癖のない,バランスのとれた音特性だと言われています.ただし! この評価は,ガット弦を「本物の」スタンダードとするクラシックバイオリンの観点で下されている点に注意が必要です.ということは,ナイロン弦にしては,「柔らかい」「明るい」ってことなんでしょう.まぁ,いいよ,業界標準みたいなんで,これを以降の弦との比較対象の基準ってことにしておきましょうよ.つまり,図でいえば,「柔らかい」,かつ「明るい」を示す象限のどこかに基準点があるというわけです.

で,このように定番(?)な音特性を持つドミナント弦ですが,ひとつ弱点が知られています.それは,E線だけ,やや「金属的な」音が出る,というものです.ナイロン弦といっても,一般的に,E線だけはスチール弦です.要するに,トマスティック社は,ナイロン弦のADG線はがんばったけど,スチール弦であるE線の音設計には成功しなかったわけです.そこで,ADG線にはドミナントを使用しますが,E線のみ,レンツナー社(Lenzner)のゴールド・ブラカットという製品を利用する組み合わせが,非常に広く使われています.例えば,楽器店では,新しい楽器を仕入れて試奏する際に,とりあえず弦の特性をフラットにするために,このドミナント(ADG)+ゴールドブラカット(E)という組み合わせの弦を張るそうです.

goldbrokat.jpg

このように,基準の定番であるため,この組み合わせのセット弦が,お得な料金で販売されています.コスト・パフォーマンスを考慮すると,個人的にお勧めです.普段の練習用に弦を買う,という状況であれば,とりあえずこれでいいよ.

***

さて,そうなると面白くないのがトマスティック社です.E線をレンツナー社から奪還すべく,新たに「金属的な」音のしないE線を開発します.それが,カーボンスチールを素材にしたE線です.こういう経緯を押さえた上で,店員に,「ドミナント,ただしE線はカーボンスチールのやつ」とか言うと,油断ならない客が来た! とか思われるんじゃないかな.知らんけど.......ところで,私は,このようなエピソードは聞いていますが,実際に使ったことはありません.はたしてカーボンスチール弦は,ゴールドブラカットからE線を取り返せるほどのパフォーマンスを出せたんでしょうか? なんか知ってる人いたら教えてくださいな.

● インフェルド赤/青(トマスティック社/Thomastik)

infeld-red.jpg infeld-blue.jpg

 店頭の表示も,店員の解説も,ネットの情報も,押しなべて,赤は「重厚な」音色,青は「明快な」音色と謳っています.今まで散々考察してきたように,こんな形容はノイズ情報で,まともに取り合っていてはまったく参考になりません.読み替えが必要です.弦の選び方(1)の表を再掲します.

joudouhyoutei.gif

すると,「重厚な」は,「安定」,「落ち着いた」,「ゆったりした」と似ているので,因子Ⅰの<快い弛緩>が妥当でしょうか? 「明快な」は,「明るい」,「さっぱりした」と似ているので,因子Ⅱの<陽気さ>?

こういう表現にしてしまうと,弦の音特性マップ上では,同じ象限に位置しまてしまいます.ようするに,違いを明確に形容するのが難しいゾーンです.違いがない,と言っているんじゃないですよ.違いを日本語で説明しづらい=購入前の調査が無駄に終わるっていってるんですよ.

私なら,個人的な経験に基づいて,この2つの弦をこう表現します.

基準点であるドミナント(+ゴールド・ブラカット)から見て,赤は,より「柔らかい」「明るい」音を出す.青は,より「力強い」音を出す(=比較的,柔らかくなく,明るくない).

● エヴァ・ピラッツィ(ピラストロ社/Pirastro)

evah-pirazzi.jpg

「力強い」音.で満場一致の音特性を誇る弦です.

非常にわかりやすく「力強い」ので,この弦の名前で検索かけてレビューを読めば,ほとんど書いてあることは一致するでしょう.

私はこの弦,一択です.高いけど.

個人的なことを書けば,「柔らかい」「明るい」音を弾きたければ,そのような弓使いにして,明るいメロディを弾けばいい.そういう音創りは,弦に頼るだけの性質のものではなく,技量で十分対応できると思っています.一方,ポピュラー音楽を演奏するときには,切れ味鋭いリズム表現と,ドスの効いた軋みと,パワーで迫るための音量がほしい場合があります.これらは,残念ながら「柔らかい」「明るい」弦では,物理的に対応できない=技量でカバーしきれないと思うんですよ.

伝わるかどうかわからないけど,ギターのピック選択に似ていると思う.柔らかく,しなる薄いピックは,弾きやすいけど,速弾きや強いピッキングには対応できない.ところが,硬い厚いピックは,指で力を逃がす技術を身につければ,柔らかいタッチで扱えるので,対応の幅が広い.

まぁ,このくらいにしておこう.次!

.......

もうナイ!

すまんけど,そうそう弦を張り替えないんでね.切れないし.近年はエヴァしか使わないようにしてるし.......ほいほい浮気するには,ナイロン弦はお高いし!(←趣味の最重要ファクタ)

そんなわけで,ナイロン弦はおしまい.充分だろ.

次は,スチール弦.

● クロムコア(ピラストロ社/Pirastro)

chromcor.jpg

バイオリン弦メーカの老舗が出しているスチール弦ってことで引き合いに出しますが,まぁ,普通にスチール弦の音がします.「力強い」大きな音が簡単に得られます.キンキン金属音がすると言われますが,リズム重視の速弾き系楽曲の中では,まったく影響しません.ブルーグラスなどのフィドラーには,逆におすすめです.

何より,ドミナントより安い.

あ,あと,分数バイオリンには,ほとんどこれが張られているそうです.だから何? という情報ですけど.

● ヘリコア(ダダリオ社/D'addario)

helicore.jpg

ダダリオ社といえば,ギター弦で有名です.個人的にも大好きな良いギター弦を出しています.

さて,こちらの弦はバイオリン用ですが,やや変わっています.スチール弦でありながら,「柔らかい」「明るい」音を目指しています.具体的には,非常に細いスチール素材で,弦の密度を低くしているわけです.当然,トレードオフで,スチール弦の特性である「力強い」音は失われます.それでも耐久性という利点は残るということで,面白い試みだと思いますね.

さてさて,最後に,ここまで書いたなら,作法としてガット弦についても書いておきましょう.決してお勧めはしませんが.

● オリーブ,オイドクサ,パッシオーネ(ピラストロ社/Pirastro)

oliv.jpg eudoxa.jpg passione.jpg

オリーブは,いわずとしれた最高級ガット弦です.高いです.

オイドクサは,オリーブよりさらに「柔らかい」「明るい」音がします.高いです.

パッシオーネは,ガット弦の弱点を克服する,というコンセプトで,最近になって開発された弦とのことで,私は使ったことがないんですが,情報として面白いんで掲載します.何が面白いかというと,ちょうどヘリコアの逆をやっているからです.すなわち,ガット弦でありながら,「力強い」音を目指しています.そうすると,同様のトレードオフにより「柔らかい」「明るい」といったガット弦本来のメリットが薄まるんですね.ジャケットも良い具合に傾いていて天晴なんですが,取材した弦売り場の店員さんは「結局,特徴がなくなって人気もないです」とおっしゃってました.そっかー......がんばれー.

 strings_map-results.jpg

上図は適当だ! 以上!

追記: なんかエルデ楽器が,新作のフレットバイオリンを開発しているらしいですね.ヘリコアやパッシオーネみたいに,新しい試みは成功しても失敗しても見ていて面白いんですが,エルデ楽器の工房長とは知り合いなので,まぁ,成功を願って注目しておこう.......

チューニングの仕方,という記事を書こうとして,順序が違うことに,はたと気づきました.その前に,弦の張り替えがあるな,と.とすると,その弦を買ってこなくちゃな,と.

そんなわけで,バイオリンの弦の選び方について.

さて,楽器店に出向いて,(あるいはネットで検索をかけまくって)弦について調べると,必ず困惑する事態に直面します.まず,ドバーっと種類があります.さらに,それぞれ,どんな特性なのかを調べると,

「明るい」「柔らかい」「きらびやかな」「落ち着いた」「豊かな」「強い」「芯のある」「バランスの良い」「引っ掛かりの少ない」「まろやかな」「金属的な」等々......

どれもこれも曖昧で,粒度も性質も違う形容詞で表現されています.

「こちらは,明るい音がでます.そして,こちらは豊かな音が出ます」などと言われると,ちょっと虫の居所が悪い時には,「ということは,こっちは暗い音で,こっちは貧相な音なんですね」とか言いたくなります.いずれにしても,あまりに雑然としていて,弦の選択にちっとも貢献しているように見えません.本当に皆,あれで納得して買い物してんの? 業界は,もう少し知的な表現方法を模索してもいいと思います!(パン! と机を叩く)

と言っていてもしょうがないので,「もういい.貸せっ! 俺がやる!」という勢いで,ここで,整理します. 

細かい分析手法について,滔々と語りそうになる自分を,ぐっと抑制して,かいつまんで言うと,中村均さんという研究者が,心理学実験によって,音楽に対する形容詞には,4つのキャラクタ(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ)があることを明らかにしています.これを足掛かりに攻めますよ.

joudouhyoutei.gif

ざっと,4因子.すっきりしたではないですか.(Ⅳに「好き」ってのがあって笑っちゃいますが.なんでこんなの入れたのか質問したいぞ)

さて,ここで議論しているのは,音楽そのものではなくて,「弦の音」にすぎないのだから.細かい多彩な表現は「演奏」に委ねて,弦の特性には,ごちゃごちゃ形容詞を費やす必要はない.この4つのカテゴリで表現すればいい.

おっと,もうちょい圧縮できますね.

「Ⅰ:快い弛緩」「Ⅱ:陽気さ」「Ⅲ:抑鬱」「Ⅳ:緊張・力動性」のうち,Ⅲには,バイオリン弦にまつわる既存の形容詞がひとつも含まれません.そりゃそうだ.好き好んで陰気な音のする弦を開発するメーカがあるとも思えません.それから,厳密には,上記の4つの因子は次元が違うんでしょうが,現実的に考えて,弛緩と緊張は同軸にある逆向きのベクトルと考えていいんじゃないの?

そんなわけで,Ⅰ,Ⅱ,Ⅳのカテゴリから,既存の表現を抜き出して,「音の形容詞から弦を選ぶ評価マップ」の決定版としましょう.

結論: 弦は,「力強い or 柔らかい」と,どれくらい「明るい」かだけを念頭に選べばよい.

characteristics_of_strings.gif

これで,十分にシンプルになった.例えば「厳しい」音,なんてのが出てきたら,要するに「Ⅳ:緊張・力動性」に含まれるわけだから,上記のマップでは,Ⅳを読み替えた「力強い」と見なして判断することになります.どうやっても上記にマッピングできない形容詞はノイズなので,耳を貸さなくていいよ,ってこと.

個人的な経験に基づく主観で補足すると,「柔らかい」ほど「明るい」という相関がありそうです.「力強さ」の前では,音の「明るさ」が際立たないんだと思っています.

もうひとつ念のため補足すると,ここでいう,「柔らかい」とか「力強い」は,弦の素材ではなく,音の主観的な表現の話なので混同しないように注意してくださいな.

......と,弦選びの面白さの一端を垣間見せておきながら,長くなったので,一旦,記事を区切ります.弦の選択の具体的な話は次の記事で.

このページの上部へ

はじめに
フリースタイル
バイオリンの買い方
バイオリンの弾き方1
バイオリンの弾き方2
イベント

About

ここは,ノン・クラシック分野でバイオリンを使って遊ぶための情報を,思いつくままに書き連ねたサイトです

執筆・演奏: okikage

twitter: @okikage

最近のピクチャ

  • sugamo-1.jpg
  • lesson-concept.gif
  • fretviolin
  • s-route05.JPG
  • tuning_fork.jpg
  • fret-violin_and_violin.jpg
  • ball_loop.jpg
  • viol-pictures.jpg

タグクラウド