タグ「弾き方」の一覧

トラッドには、いくつか独特な演奏法があります。

特に、ケルティックな小技は、単純な旋律に、哀愁のある味付けをします。さりげない隠し味ですが、ピリリと利いて琴線に響きます。そんな小技の一つ。カット(cut)について、いつものように、我流で説明してみようと思います。

カットとは、非常に素早く装飾音を入れるテクニックです。言葉で説明するより、見てもらう方が早い。こんな感じ。

途中でトリプレットなども出てくるので紛らわしいですが、注目ポイントは出だしのフレーズです。最初の5音目からクラシックでいう、トリルを3音だけ素早く弾いているような装飾、これがカットです。

やり方は、装飾を入れたい音の、1度上の音、攻めたい場合は2度上の音を、「極わずかに」「瞬間的に」入れます(ちなみに,「攻めたい」というのは、カットそのものを目立たせて、その効果を浮かび上がらせたいという意味です)。ベストのタイミングは存在するのでしょうが、個人的には、速ければ速いほどイイカンジです。"カット"というくらいなので、装飾音そのものは実は鳴らなくてもいい――曲にもよるのですが、鳴らなくても基本のメロディには影響がない装飾音なのです。思うに,装飾「音」とはいえ、実は音が途切れてリズムにキレ味が出るところに本質があるような。

もう一度、ややゆっくりバージョンで。

次に,カット部分だけを取り出して指使いを見てみましょう。

上の動画では,カットの役割を分かりやすくするために,カットなしのフレーズと,カットありのフレーズを交互に弾いて解析しています.これでカットがどの音を強調したいのか,演奏者の意図が分かりやすくなったと思います.カットを入れることで,もともと1つの音だったところが,同じ時間内に短い3音が畳みこまれる状態になります.ここにアクセントが生まれ小気味よいダンスチューンのキレ味が表現されるのです

こういう装飾は、仮にスコアがあっても、そこには指示はなく、演奏者が感覚的に挿入するものです。そこには、なんらかの出現パターンがあるわけなんですが、文章で説明するようなことではないので割愛。上手い人の演奏を聴いてコピーしているうちに、なんとなく入れたい場所が出てくるもんです。ちなみに、私は、手が動く限り多用する傾向があります。盛りだくさんのサービス精神です。

***

エルデ楽器という友人の工房ショップで,上記のようなノンクラシックなバイオリン奏法をレッスンしています.気になった方はこちらへ♪ 

まず,サンプル音源を再掲しておきましょう.

トリプレットの弾き方(2)は,この曲の後半で出てきたフレーズに適用します.アイリッシュ等では,トリプレットの弾き方(1)より,この,下記のようなフレーズの方が頻出します.こちらがメインだと思います.

♪ターラータカタッ

の,終わりの♪タカタッがトリプレットですね.

これを聴いても分かるとおり,トリプレットの弾き方(1)とは異なり,フレーズの後半に三連符が入ります.ここは,リールのリズムの2拍目=強調拍ですので,この場合のトリプレットは,あってもなくてもよい装飾ではなく,フレーズにガッチリ組み込まれているイメージです.きっちり弾かないわけにはいかない.

前半の「♪ターラー」の部分をタメてから,鋭く切れ込むようにトリプレットを弾きます.無理やりかつ極端に表記すると,「ターラー......?......タカタッ」って感じです(←分かりにくい).そう.つまり,お馴染みのシャッフルのニュアンスです.少し貯めてから,リスナーの耳に,タップダンスのような小気味よい三連符を叩き込まねばなりません.

そこで,トリプレット部分を,ダウン・ボウイングで,重く強調するのではなく,アップ・ボウイングで鋭く軽快に表現します.

↓↓-(↑↓↑)

最初の2音を,タメのある穏やかなスラーで繋げて,相手が油断したところで,鋭いトリプレットを繰り出してビックリさせたいものです(音楽はハッタリだ by okikage).ダウンのスラー(↓↓)で,タメを作ると,弓の先の方でトリプレットをすることになるのですが,弓先でのコントロールは比較的難しい.まずは,弓の中程あたりで練習しましょう.なお,個人的には上記の弓使いがメインですが,同じフレーズでも,全く逆に(↓↑↓)これでタカタッ♪と弾き飛ばすやり方もあります.どちらも出来るのが理想です.

いずれにせよ,このフレーズでは,リズムを強調する2拍目にトリプレットが入ります.装飾的な表現のために,少々力が入ってもかまいませんが,理想の切り返しの速さや力強さは,力んだ右腕からは生まれないのが難しいところです.......といいつつも,私の場合は,上腕,とくに手首から弓を持つ指にかけてを,瞬間的に硬直させるような方法で,弓を返しています.いわば「力任せ痙攣法」です.練習するうちに,必要最小限(?)の力で,クッと弓を返せるようになってきましたが,まだまだスマートとは言いがたい.......いや,もちろん,「瞬間的に」硬直するためには,通常運行時は,脱力したリラックス状態でなければいけないわけですよ.うん.(←正当化)

事例を示すために,手持ちの動画で,これが出てくるものを探したところ,夏のフェスで弾いた,ナタリー・マクマスターのオリンピック・リールという曲のエンディングに頻出していました.最初のダウンのスラーが2音ではなく,3音だったりしますが,基本は同じです.この曲の練習時に,バンド仲間に見せるために急造した動画なので非常にラフですが,まぁ適度に参考になればいいや.

せっかくなので,オリンピック・リールも再掲しておこう.

***

2013年12月にライブを予定しています.そのライブメンバーを募集しています.ご興味のある方は是非.

さて,アイリッシュ・チューンで良く使われる超高速の♪タカタッという三連符の装飾音を,トリプレット,あるいはトレブリングと言います.これの弾き方について解説します.

まず,参考音源として,トリプレットで紹介したものを再掲します.

で,この記事では,この【 Dinky's Reel 】の中で使われている,冒頭のトリプレットについて,ポイントを書きますよ.

まず,リズムについて,復習しておきましょう,

リールのリズムは,スッチャッ・スッチャッと,2拍目と4拍目の「チャ」を強調する4拍子です.ってことは,ここではリズムの1拍目にトリプレットを弾き,その次に強調の2拍目が来ることになります.つまり,ポイントは,弱拍でトリプレットを弾き,強拍が後に続く,というパターンってことですね.

1拍の短時間にトリプレットをねじ込むので,感覚的に,弓を3回上げ下げして3つの音を出すというより,ワンアクションで,ピカッと瞬間的に終わらせるニュアンスになります.そして,2拍目は,強調したい音なので,ダウン・ボウイング(下げ弓)で強く弾いてリズムをつくりたいわけです.そして,このフレーズのニュアンスを考えると,1拍目のトリプレット部分と2拍目の強調音を,分離させずに滑らかに繋げて,シャッフルの「タメ」を作りたいのです.

というわけで,ここは,個人的に,こういうボウイングが表現しやすい.

            (↓↑↓)-↓↑

つまり,ダウンでトリプレットを弾き始めて,その後,弓を返さずに,スラーで次の音に繋げるフレージング.

上に比較的ゆっくりと該当部分を弾いた音源を掲載しました.前半3つがトリプレット.そして,ダウン・ボウイングのスラーで次の音を繋げる,というやつですね.で! その音の強弱変化が下の図です.横軸に時間,縦軸に振幅をとっている,いわゆる音のスペクトルですね.赤い矢印がトリプレット,そして赤丸で囲んだ部分が,2拍目の強調部分です.

シャッフルを効かせたトリプレット表現

さて,リズムの強弱を考えると,1拍目のトリプレットは,2拍目より強く出すぎてはいけない.よって,赤い矢印のトリプレット部分は、無駄な動作や力を極力省いて,さりげなく,小気味良く,引っ掛ける.装飾なので,過剰に音を出さず,リズム優先で.スラーの前半(先ほど表した(↓↑↓)-↓↑の「-」部分)で少しリズムを「タメ」て,赤丸のついた強調部分でシャッフルのアフター・ビートを表現する,というわけです.

軽くて早いトリプレットと,シャッフルの「タメ」で,曲のしょっぱなからケルティックな世界に引きずり込みましょう.ちなみに、例題曲の演奏の方は,自分で設定したギター伴奏の速さについていけず,お手本としてはリズム表現がイマイチでした.すまん.

アイリッシュなどの,ケルティックなフィドルを聴いていると,随所に♪タカタッ♪と非常に早くてキレのある音が小気味良く入ってきます.これをトリプレット(細かい三連符)と呼びます.

きっと,ケルティック・ダンス独特の,あの飛び跳ねるダンスの伴奏のために開発された技なのでしょう.先のシャッフルと同様,楽譜に正確に表せない微妙なタイミングで繰り出されます.独特のニュアンスを知った上で,特殊なボウイングを使って雰囲気を出す必要があります.

とはいうものの,ここからは,例によって,私の自己流の説明になります.何度も言うように,アンチ正統派のフリースタイルなんでね.参考程度にどうぞ.

***

さて,いきなり説明に入る前にまず,リズムの確認をしておきますか.

例に挙げたのは"リール"と呼ばれるアイリッシュのリズムです.速い4分の4拍子で,2拍4拍を強調します.音源では4拍子を8回(8小節)繰り返していることになります.

そして,ここでもダンス・チューン演奏の原則【潜在的にシャッフル】を忘れてはいけません.タカ・タカ・タカ・タカではなくて,タッカ・タッカ・タッカ・タッカというリズムで飛び跳ねる"縦ノリ"を表現します.音源では,タン・ターン・タッカタッカという表現(←チト分かりにくいけど)でリズムを出していますが,その裏には,2・4拍目を強めた,縦ノリのシャッフルがあるのが聴き取れますか?


このリズムに合わせて,縦のノリを感じながら,実際にDinky's Reel という曲を,弾いてみましょう.

ギター伴奏が速すぎて,あわわわってなってますが(←ちゃんと計画しないから・・・),まぁいいや.

派手ですねー.アイリッシュ風の装飾満載です.が!ここでは,トリプレットだけに注目してください.実は,2種類のトリプレットが入っています.まずは,出だしの一発です.

最初に同じ音程で細かく3音入っているのがトリプレットです.

次に,後半に良く出てきたパターンのトリプレット.

今後,トリプレットの弾き方(1)と(2)という記事でそれぞれのひ弾き方を解説しますよー.

このページの上部へ

はじめに
フリースタイル
バイオリンの買い方
バイオリンの弾き方1
バイオリンの弾き方2
イベント

About

ここは,ノン・クラシック分野でバイオリンを使って遊ぶための情報を,思いつくままに書き連ねたサイトです

執筆・演奏: okikage

twitter: @okikage

最近のピクチャ

  • sugamo-1.jpg
  • lesson-concept.gif
  • fretviolin
  • s-route05.JPG
  • tuning_fork.jpg
  • fret-violin_and_violin.jpg
  • ball_loop.jpg
  • viol-pictures.jpg

タグクラウド