タグ「選び方」の一覧

チューニングの仕方,という記事を書こうとして,順序が違うことに,はたと気づきました.その前に,弦の張り替えがあるな,と.とすると,その弦を買ってこなくちゃな,と.

そんなわけで,バイオリンの弦の選び方について.

さて,楽器店に出向いて,(あるいはネットで検索をかけまくって)弦について調べると,必ず困惑する事態に直面します.まず,ドバーっと種類があります.さらに,それぞれ,どんな特性なのかを調べると,

「明るい」「柔らかい」「きらびやかな」「落ち着いた」「豊かな」「強い」「芯のある」「バランスの良い」「引っ掛かりの少ない」「まろやかな」「金属的な」等々......

どれもこれも曖昧で,粒度も性質も違う形容詞で表現されています.

「こちらは,明るい音がでます.そして,こちらは豊かな音が出ます」などと言われると,ちょっと虫の居所が悪い時には,「ということは,こっちは暗い音で,こっちは貧相な音なんですね」とか言いたくなります.いずれにしても,あまりに雑然としていて,弦の選択にちっとも貢献しているように見えません.本当に皆,あれで納得して買い物してんの? 業界は,もう少し知的な表現方法を模索してもいいと思います!(パン! と机を叩く)

と言っていてもしょうがないので,「もういい.貸せっ! 俺がやる!」という勢いで,ここで,整理します. 

細かい分析手法について,滔々と語りそうになる自分を,ぐっと抑制して,かいつまんで言うと,中村均さんという研究者が,心理学実験によって,音楽に対する形容詞には,4つのキャラクタ(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ)があることを明らかにしています.これを足掛かりに攻めますよ.

joudouhyoutei.gif

ざっと,4因子.すっきりしたではないですか.(Ⅳに「好き」ってのがあって笑っちゃいますが.なんでこんなの入れたのか質問したいぞ)

さて,ここで議論しているのは,音楽そのものではなくて,「弦の音」にすぎないのだから.細かい多彩な表現は「演奏」に委ねて,弦の特性には,ごちゃごちゃ形容詞を費やす必要はない.この4つのカテゴリで表現すればいい.

おっと,もうちょい圧縮できますね.

「Ⅰ:快い弛緩」「Ⅱ:陽気さ」「Ⅲ:抑鬱」「Ⅳ:緊張・力動性」のうち,Ⅲには,バイオリン弦にまつわる既存の形容詞がひとつも含まれません.そりゃそうだ.好き好んで陰気な音のする弦を開発するメーカがあるとも思えません.それから,厳密には,上記の4つの因子は次元が違うんでしょうが,現実的に考えて,弛緩と緊張は同軸にある逆向きのベクトルと考えていいんじゃないの?

そんなわけで,Ⅰ,Ⅱ,Ⅳのカテゴリから,既存の表現を抜き出して,「音の形容詞から弦を選ぶ評価マップ」の決定版としましょう.

結論: 弦は,「力強い or 柔らかい」と,どれくらい「明るい」かだけを念頭に選べばよい.

characteristics_of_strings.gif

これで,十分にシンプルになった.例えば「厳しい」音,なんてのが出てきたら,要するに「Ⅳ:緊張・力動性」に含まれるわけだから,上記のマップでは,Ⅳを読み替えた「力強い」と見なして判断することになります.どうやっても上記にマッピングできない形容詞はノイズなので,耳を貸さなくていいよ,ってこと.

個人的な経験に基づく主観で補足すると,「柔らかい」ほど「明るい」という相関がありそうです.「力強さ」の前では,音の「明るさ」が際立たないんだと思っています.

もうひとつ念のため補足すると,ここでいう,「柔らかい」とか「力強い」は,弦の素材ではなく,音の主観的な表現の話なので混同しないように注意してくださいな.

......と,弦選びの面白さの一端を垣間見せておきながら,長くなったので,一旦,記事を区切ります.弦の選択の具体的な話は次の記事で.

さて,どんな弓が良いのか? という話です.

まず,結論を言ってしまうと,弓の材料や特性についての知識より,値段を見るのが実践的です.というのも,ここで話題にしている下限の価格帯では,材料の原価が価格に大きく関係するからです.特に,弓は材料が性能に大きく影響するので,すごーく乱暴に言ってしまえば,高けりゃいいのです.

もうひとつ暴言を吐かせてもらうなら,「自分にあった弓を選びましょう」という良く見かけるアドバイスもナンセンスです.既に演奏スタイルの完成している達人なら「自分にあった楽器」を選択できますが,我々のような趣味のプレイヤー(特に今から始める人)は,「自分が楽器に合わせる」が,上達の基本です.結果として「自分にあった楽器だった」(本当は,「自分が,楽器の特性にあった奏法を身につけた」です)となればOK.第一,大量生産品のラインナップから選ぶわけで,たいした選択肢はないってば.とりあえず価格が体現する「ハズ」の,基本性能だけを信じればよろしい.(ウェブでは,たまには過激なことを書かないと,アクセスが増えないと言います.)

しかし,まぁ,上記の「ハズ」部分を確認する上でも,知識は無駄ではありません.以下.

弓の木材の特性は,密度が高くて堅いことです.良し悪しはそこでまず決まります.ブラジル・ウッドが使われることが多く,良いものはその中でもフェルナンブーコというものになります.が,フェルナンブーコであれば,全て良い材料というわけはなく,おのずとピンキリがあるわけで,そんな中,低価格帯の弓に使われる材料のクオリティは推して知るべしです.要するに,材料名をブランドのようにありがたがるのは危険です.(例:○○円でフェルナンブーコ使ってるよ!絶対買いだって!)

カーボンファイバーも材料からみたとき選択肢のひとつになりえます.堅くて,しなやかです.ケアも楽です.欠点があるとすれば,まだ下限価格がちと高いこと(アウチ! ......しかし,これは同性能の木製の弓より高価という意味ではなくて,ある程度の品質以上の製品しか製造されていない,ということです.そりゃ,中国製などに張力コントロール不可能な弓がある等々の例外はあるでしょうけど)と,木と比較してやや剛性が強いことです.剛性については,民族音楽のような,強い表現が多い音楽をやるなら,逆に武器になるでしょう.特に避ける理由は考えつきません.

以上の話を総合すると,要するに,ここではカーボン弓を勧めることになるわけなので,ちょっと詳細に踏み込んでみます.

カーボンファイバ製の弓の特性は:

・加熱成型する「ドライ」と,心棒に巻いて作る「ウェット」の2種類の工法に依存する.「ドライ」の方が強くて上等.

・いずれも木材とくらべて均質(そりゃそうだ).故に,同じ製品ならほぼ同じ性能(木の弓は性能バラバラ).よって,品質を揃えた大量生産が可能.大量生産されれば価格は下がる.

・木より剛直で「しなりにくい」.故に,馬の毛を引っ張る力は木と同程度でも,木よりしならないので,演奏中の弓の操作によって,比較的,張力が変化しにくい.よって,弓のしなりを利用する細やかな表現は苦手.

・その代わり,弓の強さを利用した,大きな音での演奏や,長時間の省エネ演奏が可能.

まとめ:

●カーボンファイバ製の弓は,ドライ>ウェットの2種類あり
●製品ごとに性能が揃っている.たくさん作るほど値段が下がる
●以上より,大量生産品ほど同価格の他製品より良い可能性あり
●小さな力で強い音がでる.しかし,表現力は木より劣る


さて,材料についてはこのくらいにして,直接,弓の性能の話をしましょう.経験上,「重さのバランス」と「堅さ」が良い弓の条件です.

重さのバランスについては,重心の偏りすぎた弓や,重すぎる弓というものに出会ったことはないので,一般に市販されているものは,ある程度の基準を満たしていると考えてよいと思います.私が違いを分かってない可能性もありますけど.

分かりやすいのは,弓の硬さです.木の棒は,馬の毛を張るときの張力に負けない硬度が求められます.逆にいうと,強い音を出したいときに,しっかりと弓を張れないのが悪い弓です.そういう弓は,目的の張力に達する前に木の反りが戻ってしまいます.安~い弓はほとんどこういう風↓になります.

bow-bad.gif

 

 

一方,良い弓は硬いので,馬の毛をしっかり引っ張って(赤い矢印),美しいカーブを保っています.

bow-good.gif

もちろん,見た目が問題なのではありません.悪い弓の問題点を列挙してみます:

1.疲れる

強い音を弾きたいときは,弓を弦にグッと押し付けて弾きますね.このとき張力が足りないと,その分を腕の力で補うことになります.悪い弓で一曲弾くと,腕が強張ってくたくたになります.

2.操作性が悪い

良い弓と悪い弓を比較すると,木の棒と馬の毛との間の距離に差があることがわかります.良い弓はしなっているので,真中付近の距離が短くなります.一方,悪い弓は,この間隔が広がってしまいます.右手は,木の棒を持っているわけなので,馬の毛が木の棒に近いほど,一体感のある操作ができ,間が広がるほど,"遠隔操作"をすることになるので,演奏の精度が落ちます.

3.すぐだめになる

毛を張るたびに,柔らかい木の棒は反りが戻ってしまい,馬の毛の張力はますます低くなっていきます.すると,張力を高く維持するために,もっと強く馬の毛を張る操作をします.すると,もっと反りが戻ってしまい.......この悪循環で,弱い弓は,どんどん弱くなってしまうのでした.(この悪循環に陥らないように,良い弓,悪い弓に関わらず,練習が終わったら馬の毛を緩めて,弓を歪みから開放してあげる必要があるのです!)

・・・と,まぁこんな感じで,弱い弓には欠点が多い.逆に,良くしなってかつ堅い弓は,感覚的な表現で申し訳ないのですが,吸い付くように弦を「噛んで」大きな音を出します.

バイオリン本体はあくまでも器(うつわ)に過ぎず,プレイヤーが自分の責任で音に関わる部分というのは,ほとんど"弓"の操作ではないでしょうか? 左手も音程を決めたりビブラートをかけたりと,忙しいですが,音作りの大部分は,右手にあると思っています.(余談ですが,この「最初は左手が重要だと思っていたけど,数年楽器を練習したら,本当は右手の技術が演奏の優劣を左右することが分かった」というのは,ギターなど,他の弦楽器でも共通して良く耳にするエピソードです)

そんなこんなで,バイオリン本体だけではなくて,弓にも気を使って,選びましょうという話でした.

***

2013年12月にライブを予定しています.そのライブメンバーを募集しています.ご興味のある方は是非.

このページの上部へ

はじめに
フリースタイル
バイオリンの買い方
バイオリンの弾き方1
バイオリンの弾き方2
イベント

About

ここは,ノン・クラシック分野でバイオリンを使って遊ぶための情報を,思いつくままに書き連ねたサイトです

執筆・演奏: okikage

twitter: @okikage

最近のピクチャ

  • sugamo-1.jpg
  • lesson-concept.gif
  • fretviolin
  • s-route05.JPG
  • tuning_fork.jpg
  • fret-violin_and_violin.jpg
  • ball_loop.jpg
  • viol-pictures.jpg

タグクラウド