タグ「violin」の一覧

さて、順番的には、弦を張ったんだから、次は調弦(=チューニング)ですね。

最初に、提言を。

tuning_fork.jpg

音叉はいらない。

中高校生くらいの一時期、ミュ~ジシャンを気取って、常に音叉を携帯していました。

「お客様の中に、どなたかA=440Hzで正確にチューニングできる方はいらっしゃいませんか!!」

「ふっふっふ、こんなこともあろうかと......(コーン♪)」

みたいな場面、......を思い描いていたわけではありませんが、何かの折に、さも当然のように音叉を取り出して、ささっと楽器をチューニングできるように、常に備えていたわけです。かっこいい。で、結局、その音叉を活用する機会が一度でもあったかというと、まぁ、一回あったんですが、それは弁当の箸を忘れたときだったので、音楽とは関係ない話です。

この音叉(チューニングフォーク)ですが、「伝統的な」調弦ツールとして現在も店頭に並んでいるものの、実は、めちゃくちゃユーザビリティ(使い勝手)の悪いシロモノです。

まず、貴方は、音叉を手にとって、コーンと机の角にでも打ちつけます。で、そのまま音叉を耳に当てて、響いている音を聞くわけです。ここで、頭の中にコオオオオーーンとなっているその音程の記憶を、こぼさないようにしながら、音叉を下に置いて、今度は、バイオリンを手に取ります。弦を弾いてポーンと音を出します。その音と、さっきの音叉の音程を比較します。おっと、バイオリンの方が、音叉より低いようです。では、早速、ペグをキリキリと巻きます。音程が高くなりました。その状態で弦をもういちど弾きます。ポーン。さぁ、その音は、最初、音叉で聞いた音と同じですか? まだずれているような気がしますか? というか、もう既に、最初の音叉の音程の記憶がなくなってませんか? しょうがない。そこで、またバイオリンを置いて、音叉を手にとってコーン......

手は二本しかないので、音叉とバイオリンは同時には扱えません。で、交互に持ち替えて音を鳴らしながら両者の音程を比較するんですが、これができるのは、音を鳴らす作業をしながら、コーンと鳴った音の記憶を保持し続けられる上級者だけです。普通、初心者にはできません。――じゃあ、まったく調弦の支援ツールになってないじゃん! はい。そのとおり。なので、音叉は要りません。

 と、いうわけで、チューニングメータ(チューナー)を買いましょう。それも、バイオリンのヘッド(渦巻き)の先を挟んで取り付けるクリップ付きのやつです。1000円前後で手に入るはずです。これならば、正しい音を視覚的に把握しながら、両手でバイオリンの調弦作業ができます。

tuner.jpg


さて、具体的なチューニングの手順です。

最初は、2弦から調弦します

別に何弦からチューニングしてもいいんですが、まぁ、無害な慣習なので、従っておきましょう。バイオリンの糸巻きを上にしてみたときに、右から2番目の弦。2番目に細い弦=2番目に高く調律する弦です。これを、Aにチューニングします。

......A?

Aは、音名です。ドイツ式なら「あー」で英語なら「えー」、イタリア式にドレミの歌で言えば、ラッパのラ~♪の「ラ」です。音の高さを表します。物理的に表現すれば440Hz(ヘルツ)。人間の耳にとって最も感受性がよいといわれ、生まれたばかりの赤ん坊の泣き声の音程とも言います(ホントかいな?)。

 

なお、応用編として、緊張感や力強さを表現したい場合、全体をやや高めに調弦することがあります。例えば、2弦A=442Hzといった具合に。これは、弦の選び方の一連のエントリでも書いたとおり、弦の張力を強めて、剛性の高い状態にするためです。文字通りテンションの高い張りつめた演奏ができます。A=442Hzくらい高めにチューニングする程度なら、まぁ問題はないのですが、ギターのように、半音、一音と高くチューニングするのは避けましょう。バイオリンは、もともとギターより1オクターブほど高い音域で弦の張力を保つ楽器なので、約20Kg重という非常に過酷な力で弦が両端を引っ張っています。例えば、2弦をラではなく、一音高くシに調弦しようとすると、チューニング中に弦が切れればいい方で、最悪の場合は、本体がメリメリっと......。

逆に、昔は基準音が低かったため、古楽器を持ち寄ったアンサンブルなんかは、A=438やそれ以下に設定すると聞きます。材料の強度などの問題で、高い張力だと古楽器に負担をかけるからとも言います。そんなわけで、A=440Hz以下なら、現在の楽器にとって負担はないのですが、当然、音量は小さくなりますし、弦のテンションもゆるくなりすぎると弾きにくくなります。

ま、ここでは、とくに奇をてらわず、A=440Hzでチューニングしておきましょう。

次に1弦をチューニングします

さて、貴方は、無事、2弦をAに調弦することに成功しました。次は、2弦を基準にして、1弦を調弦します。1弦は、最も細い=最も高く調律する弦です。音程はEです。ドイツ式で「えー」、英語で「いー」。イタリア式で言えば「ミ」ですね。

きらきら星による完全5度チューニング

私が初心者のときには、「きらきら星」で合わせるんだよ~って教えられました。今でも、チューニングの際には、無意識に頭の中できらきら星が鳴ります。

きらきら星の出だしの、♪きーらーきーらー♪、の部分は、完全5度の関係になっています。バイオリンは、4本の弦全てを完全5度の関係でチューニングするので、開放(押さえない)で隣接する2本の弦を弾いて♪きーらーきーらー♪になればいいのです。

つまり、2弦は先ほどAにあわせたので、2弦と1弦で、「きらきら星」が出来るようにすれば、1弦は、ABCDE(=5個目で完全五度)で、Eにチューニングされたことになります。で、再びチューナーの表示を見ながら微調整します。

なんで最初からチューナーに頼らないかと言えば、一般的なチューナーは、半音刻みで、一番近い音をターゲットとして誘導するからです。つまり、Eにチューニングしたかったら、少なくともEのプラスマイナス1/4音以内に寄せてあげないと、チューナーが正しく指示(高い低い)を示してくれないからです。そのために、まずは「きらきら星」であたりをつけます。

3弦、4弦の順にチューニングします

2弦を基準に3弦を合わせ、次いで3弦を基準に4弦を合わせます。きらきら星で大まかにあたりをつかんだら、もうチューナーに頼ってしまいましょう。上記で紹介したチューナーを使って実際にチューニングしてみます

まずは、指ではじいてみましょう。

 

慣れてきたら、弓で弾きながら調弦しましょう。

このときは、右手で弓を持ち、左手でテールピースのアジャスタを回します。その間、バイオリンは顎と肩だけで保持しています。

こんな風に。

tuning_with_adjuster.jpg

そんなところですね。

あ、そうそう、前回告知した「2時間で曲が弾けるようになる」初心者レッスン 4/12(土)は、満員御礼で締切になりました。はたして本当に2時間で曲が弾けるようになるのか!? 結果はまた報告します。

続きを読む

チューニングの仕方,という記事を書こうとして,順序が違うことに,はたと気づきました.その前に,弦の張り替えがあるな,と.とすると,その弦を買ってこなくちゃな,と.

そんなわけで,バイオリンの弦の選び方について.

さて,楽器店に出向いて,(あるいはネットで検索をかけまくって)弦について調べると,必ず困惑する事態に直面します.まず,ドバーっと種類があります.さらに,それぞれ,どんな特性なのかを調べると,

「明るい」「柔らかい」「きらびやかな」「落ち着いた」「豊かな」「強い」「芯のある」「バランスの良い」「引っ掛かりの少ない」「まろやかな」「金属的な」等々......

どれもこれも曖昧で,粒度も性質も違う形容詞で表現されています.

「こちらは,明るい音がでます.そして,こちらは豊かな音が出ます」などと言われると,ちょっと虫の居所が悪い時には,「ということは,こっちは暗い音で,こっちは貧相な音なんですね」とか言いたくなります.いずれにしても,あまりに雑然としていて,弦の選択にちっとも貢献しているように見えません.本当に皆,あれで納得して買い物してんの? 業界は,もう少し知的な表現方法を模索してもいいと思います!(パン! と机を叩く)

と言っていてもしょうがないので,「もういい.貸せっ! 俺がやる!」という勢いで,ここで,整理します. 

細かい分析手法について,滔々と語りそうになる自分を,ぐっと抑制して,かいつまんで言うと,中村均さんという研究者が,心理学実験によって,音楽に対する形容詞には,4つのキャラクタ(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ)があることを明らかにしています.これを足掛かりに攻めますよ.

joudouhyoutei.gif

ざっと,4因子.すっきりしたではないですか.(Ⅳに「好き」ってのがあって笑っちゃいますが.なんでこんなの入れたのか質問したいぞ)

さて,ここで議論しているのは,音楽そのものではなくて,「弦の音」にすぎないのだから.細かい多彩な表現は「演奏」に委ねて,弦の特性には,ごちゃごちゃ形容詞を費やす必要はない.この4つのカテゴリで表現すればいい.

おっと,もうちょい圧縮できますね.

「Ⅰ:快い弛緩」「Ⅱ:陽気さ」「Ⅲ:抑鬱」「Ⅳ:緊張・力動性」のうち,Ⅲには,バイオリン弦にまつわる既存の形容詞がひとつも含まれません.そりゃそうだ.好き好んで陰気な音のする弦を開発するメーカがあるとも思えません.それから,厳密には,上記の4つの因子は次元が違うんでしょうが,現実的に考えて,弛緩と緊張は同軸にある逆向きのベクトルと考えていいんじゃないの?

そんなわけで,Ⅰ,Ⅱ,Ⅳのカテゴリから,既存の表現を抜き出して,「音の形容詞から弦を選ぶ評価マップ」の決定版としましょう.

結論: 弦は,「力強い or 柔らかい」と,どれくらい「明るい」かだけを念頭に選べばよい.

characteristics_of_strings.gif

これで,十分にシンプルになった.例えば「厳しい」音,なんてのが出てきたら,要するに「Ⅳ:緊張・力動性」に含まれるわけだから,上記のマップでは,Ⅳを読み替えた「力強い」と見なして判断することになります.どうやっても上記にマッピングできない形容詞はノイズなので,耳を貸さなくていいよ,ってこと.

個人的な経験に基づく主観で補足すると,「柔らかい」ほど「明るい」という相関がありそうです.「力強さ」の前では,音の「明るさ」が際立たないんだと思っています.

もうひとつ念のため補足すると,ここでいう,「柔らかい」とか「力強い」は,弦の素材ではなく,音の主観的な表現の話なので混同しないように注意してくださいな.

......と,弦選びの面白さの一端を垣間見せておきながら,長くなったので,一旦,記事を区切ります.弦の選択の具体的な話は次の記事で.

このページの上部へ

はじめに
フリースタイル
バイオリンの買い方
バイオリンの弾き方1
バイオリンの弾き方2
イベント

About

ここは,ノン・クラシック分野でバイオリンを使って遊ぶための情報を,思いつくままに書き連ねたサイトです

執筆・演奏: okikage

twitter: @okikage

最近のピクチャ

  • sugamo-1.jpg
  • lesson-concept.gif
  • fretviolin
  • s-route05.JPG
  • tuning_fork.jpg
  • fret-violin_and_violin.jpg
  • ball_loop.jpg
  • viol-pictures.jpg

タグクラウド